夏の汗のツンとした臭いや、
脇からでる臭いで周りの人が気になる方へ

 

 

こんなお悩みを持っている人!

😭 ワキガが気になって他人のそばに近づけない

😭 ワキガが気になってつり革を持てない

😭 ニオイが気になり薄着になれない

😭 仕事中のニオイで隣の席の人の目が気になる

 

 

ニオイが気になる季節になると周りの人の目が気になって仕方ない・・・。

自分がいないときにニオイのことで悪口を言われている気がする・・・・。

夏になるとニオイのことが気になって苦痛ですよね。

 

ワキガの治療には手術などがありますが、手術するのは怖いしお金もかなりかかってしまうし・・・

そういう方にもオススメの対策を紹介します。

 


◇ハイネス
わきがでお悩みならコチラ>>

 

ワキガのニオイ

自分でもワキガかどうかわからない?という人もいます。

ワキガにもレベル・個人差があり、親からの遺伝、体調、普段の食事、生活のストレスなど生活習慣によってもニオイは変わります。

ワキガの臭いの種類には、

・玉ネギやネギのようなツンとした臭い

・使い古した雑巾のような臭い

・生乾きですえた洗濯物の臭い

などがあります。
 
またワキガの臭いの特徴として「汗臭い」とは異なり、

・そばにいると息もできないくらい臭う。

・その人が部屋にいると部屋中が臭くなる。

・遠くにいてもその臭いに気づいてしまう。

・匂いがきつく吐き気がする。

と、周りの人にも迷惑をかけてしまっている場合も多くなります。
 
自分がワキガではないか?と思った場合、親しい人達も気づいているのではないでしょうか?

 

ワキガの原因

 

ワキガのニオイの原因になると考えられているのが、「アポクリン腺」という汗腺から出る汗です。

アポクリン腺から出る汗は、水分だけでなく皮脂(脂肪酸やたんぱく質、アンモニア等)が含まれていますが、
その汗自体がにおうわけではありません。

汗の中に含まれている皮脂を肌の表面にいる細菌(ジフテロイド菌)がエサとして食べ、
排泄して別のニオイ物質に変えてしまいます。

そのニオイ物質のせいで初めてワキガのにおいが発生するのです。

そのためワキガは治療というよりニオイケアーの対策をとることでニオイを防止することがメインとなります。

 

 

ワキガの対策は?

ワキガを予防し改善していくためには、

・アポクリン腺からでる汗を抑える

・肌の表面にいる雑菌を抑える

の2つが重要になります。

では、そのための方法は、具体的にどんなものがあるのかを見ていきたいと思います。

ワキガ対策デオドラントを使う

制汗剤タイプのデオドラント

制汗剤タイプのデオドラントは皮膚にある毛細血管を収縮させることで、
汗の出口にフタをして発汗を抑え、汗を止める効果があります。

ただし、制汗剤の効果は半日から1日くらいしかもたないため、
毎日の朝や昼のタイミングなどでこまめに対策を行う形になります。

また制汗剤タイプのデオドラントは汗をとめることにより、においを抑えるため
いったん汗が出てしまうとその汗に対しては効果がありません。

出てしまった汗が臭くならないようにするには
消臭や殺菌などの別のタイプのデオドラントを使ってください。

 

殺菌剤タイプのデオドラント

においの元である皮膚の細菌をやっつけるものです。

殺菌剤タイプのデオドラントは使い方によっては効果的ですが、肌への影響が強い場合もあります。

使いすぎで皮膚に炎症などのトラブルを起こすこともあるため使いすぎないようにしなければなりません。

 

消臭剤タイプのデオドラント

ワキガの嫌な臭いを消したり、別の香りでわきがの臭いを隠すタイプです。

ただし別の香りがする香水タイプのものは注意が必要です。
ワキガ臭が強い場合、ワキガのニオイとデオドラントの香りが混ざり逆に変なニオイになることもあります。

せっかく臭いを消そうと思ったのに、あたらしいニオイを付け足してニオイ成分倍増になってしまっては大変です。

ニオイには個人差もあるため、いろいろ試して自分に合うデオドラントを見つけなければなりません。
難しければ無香料のものを選ぶのもよいでしょう。

最近のデオドラントはこれら3つのタイプを配合して1本のデオドラントでできてしまうものも市販されています。

 


【ハイネス】

 

 

生活習慣を改善する

毎日の食事など生活習慣を変えることで、ワキガの臭いを抑えることができます。

ニオイのでにくいものを食べるようにする

細菌のエサとなるアポクリン汗腺から出る皮脂の量を減らすには脂っぽい食事を控えることです。

スナック菓子、ラーメン、肉料理などを意識して減らすようにしてください。
汗と一緒に出てくる皮脂の量を減らすことができます。
細菌のエサが少なくなるためニオイ物質も減るのです

あついお風呂につかる

一人暮らしの人や忙しいときなどは、どうしてもお風呂に入ってもシャワーを浴びて済ませがちになります。

もちろんシャワーを浴びないよりは、浴びたほうが汗を落とせるので良いのですが、
なるべくなら風呂にお湯をためてゆっくりつかってください。

熱いお湯につかることで体中の毛穴が開いて、シャワーで流しただけでは落ちない毛穴に詰まった皮脂が落ちやすくなります。
細菌のエサである皮脂を減らすことによってニオイをでにくくなるんです。

 

こまめに着替えよう

 

汗は1時間ほど放置しておくと細菌が繁殖してしまいます。
シャツや下着が汗を吸ったままの状態だと、乾いてもニオイのもとになってしまうんです。

汗をかく時期などはシャツや下着をこまめに取り換えるようにしましょう。
ニオイの元の細菌が減るので効果的です。

着替えの時にウェットティッシュやぬれタオルなどで脇を拭いたり、デオドラント剤を
一緒に使えばさらに細菌を減らしてニオイを抑えることができます。

 

ワキガの手術はどのくらいの金額がかかるの? 保険は効くの?

 

 

ワキガは”病気”というよりは体質的な問題です。

「ワキガは病気じゃないから、治療費が高くついてしまう。」とおもっている方が多いでしょう。

実際に先ほども書いた通り、ワキガは”病気”というよりは体質的な問題です。

 

しかし、ワキガが原因で会社に行くことや人とのコミュニケーションをとることに恐れを感じてしまったり、
思い悩んでしまった結果、精神的に追い込まれてうつ病になってしまうケースも多くあり、
ワキガは重要な健康問題として取り扱われています。

このような理由から、ワキガの手術には保険が認められています。

ただし、どの病院で行っても保険適用になるわけではありません。

・その病院で保険診療が可能であること

・症状を医師がワキガであると認めること

の条件をみたした場合のみ保険を適用してもらえます。

民間の病院では、自由診療(保険の効かない診療)にて診療費を決定している場合も多いようですので、よく確認してから治療を受けるようにしてください

ワキガは、脇に集中して存在する「アポクリン汗腺」を除去する手術により治すことができます。
現在、ワキガの手術で最も一般的なのは「剪除法(せんじょほう)」という方法です。
脇の皮膚を3〜4cmほど切開し、アポクリン汗腺をはさみで切って取り除きます。
この手術方法には、保険が適用され、多くの病院で保険による診療を行っています。

保険が効かない場合30万円程度の治療費がかかってしまいますが、
保険が適用されれば3万〜5万円程度の金額で治療することが可能です。

 

ワキガの手術の傷跡は?

ワキガの手術を受けるとワキガ症状は軽減されるのですが、手術跡が気になることも多いようです

 

😭 手術跡がボコボコで黒ずんでいて、さらに引きつる感じがして腕が上げづらいです。(年齢:30代前半 性別:女性 )

 

😭 施術の前に執刀する方から傷跡は殆ど目立たないとの説明を受けたのですが、みみずばれやひきつりが残り、
  色も黒ずんでおり、かなり気持ちが悪く目立ちます。
  恥ずかしくて人前にさらす事もできず、施術を受けた事を今でも後悔しています。(年齢:30代前半 性別:女性 )

 

また、手術をした後に代償性発汗という副作用があります。

ワキガの手術は脇にあるアポクリン汗腺(ワキガの原因となる汗を出す汗腺)とエクリン汗腺(臭いのしない汗を出す汗腺)を除去します。
そうすると、それまで脇から出ていた汗の出ていく場所が無くなり、その汗が他のところから出てしまうことがあります。

手術を受けた患者の多くが一番悩む副作用がこれで、ひどい人だと太ももの裏や頭からの汗が多くなり、ズボンの大きな汗じみが目立つほど汗をかいてしまう人もいるようです。



まったく新しいわきが対策
わきが用デオドラント【ハイネス】


フィードメーター

人気サイトランキング